信頼できる高品質、高品位の商品を安く 提供する

茶カテキン(茶ポリフェノール)

  • HOME »
  • 茶カテキン(茶ポリフェノール)

茶ポリフェノールとは

茶ポリフェノールは緑茶から抽出した天然フェノール類。化学構造に分類すると、フラバノール類、フラボンとフラボノール、ヒドロキシん‐4‐フラバノールとアントシアニジン、簡単フェノール類と簡単フェノール酸類に分けることが出来る。この中では、フラバノール類が占める割合が多い。そしてフラバノール類の中で、茶ポリフェノールの含量が高い、約茶ポリフェノールの八割を占めている、2—フェニル—4H—クロメンの誘導体。

分子構造図

茶ポリフェノールの物理性状

浅緑や浅黄色を呈するパウダーや粒状、湯やアルコール、エチルに溶けやすい。PH値は4—8の間に安定している。強酸、強塩基、日光、高熱、遷移元素と接触すると減成され、酸化されやすい。

規格

ポリフェノール 茶ポリフェノール EGCG カフェイン
TP50% >30% >15% <0.5%<1.0%<8%
TP80% >60% >30% <0.5%<1.0%<8%
TP90% >70% >40% <0.5%<1.0%<8%
TP95% >75% >45% <0.5%<1.0%<8%
TP98% >80% >50% <0.5%<1.0%<8%

生理活性

◆茶ポリフェノールは優秀な抗酸化作用とフリーラジカルを消去する作用が備えているため、脂質、血糖、
◆血圧、コロステロールを调节心血管疾患を防ぐ効果
◆抗突然変異、抗癌効果
◆アレルギー緩和効果,
◆骨粗鬆症予防効果
◆抗菌、抗炎症効果
◆抗ウイルス効果

応用領域

食品添加物 飲料 化粧品 サプリメント 医薬品

PAGETOP
Copyright © 合同会社名和 All Rights Reserved.